So-net無料ブログ作成

大角、現八とあらそう [八犬伝]

daikaku_genpti_arasou.gif

(画面上をクリック、別画面で拡大)

雛衣の体内から飛びでた玉により偽一角はたおされた。驚き怒る牙二郎は角太郎(犬村大角)に切りかかった。これをすくうため、現八は牙二郎を手裏剣でたおした。角太郎は弟を殺したと怒って現八と対決する。

南総里見八犬伝〈4〉 (岩波文庫)

南総里見八犬伝〈4〉 (岩波文庫)

  • 作者: 曲亭 馬琴
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/07/16
  • メディア: 文庫



偽一角、牙二郎、うたれる [八犬伝]

daikaku_utareru_gaji_ikkaku.gif

(画面をクリック、別画面で拡大)

化け猫、偽一角の胤、牙二郎は犬飼現八の手裏剣でたおされる。偽一角は自殺に追いこんだ雛衣の体内から飛びだした玉によりたおされる。
南総里見八犬伝〈4〉 (岩波文庫)

南総里見八犬伝〈4〉 (岩波文庫)

  • 作者: 曲亭 馬琴
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/07/16
  • メディア: 文庫



船虫、大角を訪う [八犬伝]

daikaku_huna_homon.gif

(画面上をクリック、別画面で拡大)

毒婦、船虫は、はじめ武蔵の山賊の妻として登場するが、下野の国では、剣術者、赤岩一角、実は化け猫の化身、その後妻として登場する。世捨て人に追いこんだ犬村大角(当時は角太郎)の閑居にたずねてくる。

南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

  • 作者: 曲亭 馬琴
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/07/16
  • メディア: 文庫



雛衣、大角にうったえる [八犬伝]

daikaku_hina_ga_homon.gif

(画面上をクリック、別画面で拡大)

犬村大角の妻、雛衣は、姦婦、船虫の奸計により、不倫をうたがわれて離縁された。さらに大角も養父の財産をうばわれるところとなった。隠遁の生活にはいった大角の住居に、雛衣がおとづれ、苦衷をうったえる。大角は無言の行にはいていたので、無視された。

南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

  • 作者: 曲亭 馬琴
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/07/16
  • メディア: 文庫



鵙平が現八に物語る [八犬伝]

genpati_mozuhei_gatari.gif

(画面上をクリック、別画面で拡大)

足尾の茶店の主人、鵙平が、犬飼現八に茶をすすめながら、下野、庚申山の化け猫、赤岩一角の冒険を物語る。

南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

  • 作者: 曲亭 馬琴
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/07/16
  • メディア: 文庫



現八、庚申山の怪異をきく [八犬伝]

genpati_tyamise.gif

(画面上をクリック、別画面で拡大)

犬飼現八は、新芽山から四散した四犬士をもとめて、下野の庚申山の麓をとおりすぎる。その途中の茶店の主人から旅人が行方不明となったこと、庚申山の不気味な洞窟のことをきく。豪胆な現八は、宿のすすめをきかず、弓と矢をかってむかう。


南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

  • 作者: 曲亭 馬琴
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/07/16
  • メディア: 文庫



犬村大角の仇討ち [八犬伝]

daikaku.gif

(画面上をクリック、別画面で拡大)

化け猫がばけた父を、それとしらずかしづき、その悪巧みに妻を離縁し、家産さえうしなって、侘び住まいする。犬飼現八の助けにより、ついに仇をうつ。

船虫、小文吾に復讐をちかう [八犬伝]

kobungo_huna_ukagau.gif
(画面上をクリック、別画面で拡大)

船虫は夫、並四郎と共謀し、犬田小文吾の砂金をうばおうとした。宿を提供し、饗応した。寝込みをおそった並四郎の首尾、如何と寝所をのぞいた。並四郎は返り討ちとなった。
南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

  • 作者: 曲亭 馬琴
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/07/16
  • メディア: 文庫



小文吾、並四郎をうつ [八犬伝]

kobungo_nami_utu.gif
(画面上をクリック、別画面で拡大)

犬田小文吾は、猪を退治して、鴎尻の並四郎が宿を提供した。その夜、小文吾の砂金をねらって寝込みをおそったが、返り討ちにされた。その妻が毒婦、船虫である。
南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

  • 作者: 曲亭 馬琴
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/07/16
  • メディア: 文庫



小文吾、猪を退治 [八犬伝]

kobungo_inosisi_taiji.gif
(画面上をクリック、別画面で拡大)

犬田小文吾は怪力である。上野の国、新芽山をのがれ、曳手、単節をおって、浅草の南、阿佐谷にやってきた。ここで突然、猪におさわれ、見事に退治する。これが八犬伝稀代の毒婦、船虫と出あう発端である。
南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

南総里見八犬伝〈3〉 (岩波文庫)

  • 作者: 曲亭 馬琴
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1990/07/16
  • メディア: 文庫