So-net無料ブログ作成

米中貿易戦争で日本も大打撃か [バカにされないクスリ]


keno_katanamoti.gif

* はじめに
この二十三日に米国で米中貿易戦争について次官級の協議がおこなわれた。結果は互いに主張しあっただけでおわり、米国は同日に予定どおり百六十億円の追加関税をかけ、中国も同額でこれに対抗した。最近の週刊現代の記事がウェブにでてた。

* 貿易戦争は日本にも大打撃を
ここで貿易戦争は長期につづき中国に深刻な影響をもたらすとの米国エール大学、陳志武教授の言葉を紹介。さらに中国に金融危機がせまってるとの中国社会科学院の報告が政府部内に回覧されたといってる。問題はこれらが日本にどのように影響するかである。その内容はおどろおどろしく圧巻といってよい。

日本企業は中国に進出しそこから対米輸出をおこなってる。その割合は世界で一位という。その影響はあらゆるものにおよび、ソニー、花王、ユニクロなど企業名をあげてる。さらに影響は年金にまでおよぶ。私のような高齢者には聞きずてならない。その大幅カットすらありうるという。感想である。

* 感想
これこそびっくりジャーナリズムの典型とおもう。バブル華やかなりしころにもこんなネタが散見し最近でも見かける。トランプ政権は世界経済の崩壊をのぞんでない。時間をかけ中国の経済力を漸減させることをねらってる。安全保障の観点からの戦略的政策とおもう。米国企業がじょじょに中国からひいてゆけるよう、ゆっくりと戦略をすすめるとおもう。日本の企業もこれにおくれずついてゆけばよい。そうおもうがどうだろう。

私はあることを思いだす。それはヒラリー・クリントン氏が講演会で、中国は十年後には世界最貧国になってるだろうといった。前後の状況も記憶にないがびっくりした。これがアメリカの知識人の中国にたいする思いなのだとおもった。巷間、中国の崩壊がいよいよはじまったとさわぐむきもある。だが実相はじょじょに、じょじょに長期にわたり目だたぬ形で中国経済が崩壊してゆく。こうなるとしんじてる。さて結論である。

* 結論
グローバル・サプライ・チェーンは最適の解をもとめつねに姿をかえる。米国の動向に敏感な日本企業もかわる。今回の協議でアメリカの長期戦略の一端がみえた。国民の皆さん、びっくりジャーナリズムにもうけさせるのはほどほどにして、じっくりと米中の動き、日本の動きをみてゆく。これが大事ですよ。

nice!(0)  コメント(0) 

爆笑太田さんの不幸 [バカにされないクスリ]

keno_katanamoti.gif

* はじめに
日大アメフト部の問題は内田前監督の懲戒解雇で決着、田中理事長はどうやら逃げきったようだ。ところがお笑い界の太田総理こと爆笑問題の太田さんが裏口入学したとの記事が週刊新潮にでる。彼のなくなったお父さんが日大の関係者にたしか六百万円をわたし入学の斡旋を依頼したという。彼は亡父はそんなことをしない。間違いを指摘しつつこの事実を否定た。その詳細である。

* 事件の詳細
彼は記事の早刷りをみていう。息子のことをよろしくと何度も頭をさげた。このことは息子にはしらせないでくれといった。父はそんな謙虚な態度をしめす人間ではない。父は自分をあいしてくれた。バカ息子だったからそんなこともあったかも。そうおもわせた自分がくやしい。

その有力者は試験の前日に試験問題をみせ勉強させた。だが成績がわるすぎてどうしようか問題となった。馬鹿をいうな。自分は旺文社の模試で学年四位の成績をとった。日大芸術学部は国語と英語だけ。国語はできたし英語もそこそこできた。勉強しなかったから学校の成績はわるかったが地頭(じあたま)はよかった。裏口など必要ない。またホテルに缶詰になったという。嘘だ。事実でない。また試験は学科試験と面接。

うかるとおもってたから面接であばれたろう。ちがう。変なことをいうから喧嘩となった。学科は合格した。実際に発表をみた。成績はわるすぎるという指摘はあたらない。面接での喧嘩からおちた。高校時代の話しがでてる。

廊下でずっとたってた。ちがう。自分は教室の机の上、体育館の裏、図書館にいた。廊下などにいない。試験回答をみると割り算ができなかった。指摘されてヘラヘラしてた。ちがう。できなかったの引き算だ。割り算でない。また高校時代に学校でわらったことない。次のことが一番にささったことのよう。

彼は自分の著書に立川談志を取りあげ、その落語談義に共感をしめしてる。これは業界の権威にすがろうとしたのだ。日大に(裏口からでも)はいりたかったのも同じ、権威にすがろうとする打算だ。ちがう。立川談志は本当にすきで尊敬してた。そんな打算でない。

自分は「まぼろしの鳥」という本を新潮社から出版した。うれしかった。そんな思いの新潮にどうしこんな仕打ちをうけるのか。今日はいつものようにラジオ番組をすすめる気持になれない。私の感想である。

* 太田さん、お父さんの名誉のため裁判にうったえては
私は太田さんにいいたい。お父さんの名誉をまもるため裁判をおこすべきです。その理由は、

一 三十四年も昔の私事を暴露する公益性はほとんどない。
二 亡父は死亡し、反論できない。自分はこの事実をしらないから反論がほぼ不可能だ。やり方が卑怯で不当だ。
三 細部をみるとおおくの誤り、錯誤がある。日大関係者が太田さんに試験問題をわたした。彼はそれをはっきりとしってるはずという。何を根拠に三十年以上昔のことをこう断言するのか。さらに付言する。

これは陰謀かもしれない。太田光代社長とも相談して対策をたてたほうがよい。

一 アメフト問題の余波で所属学部がいっせいにコメントを公表した時、日大芸術学部は「日芸はどこまでも学生をまもります」といった。これは責任逃れをしてる監督、理事長への当てこすりととられた。中退だがその代表として太田さんをつぶし、日芸をつぶすとの脅しかも。
二 太田さんはタモリ、タケシ、サンマ、お笑い界の重鎮を引きつぐ筆頭候補である。業界の勢力争いが勃発したのかも。
三 お笑いのためとはいえ、太田さんはおおくの人をイジリ、時には罵倒してきた。卒業生である構成作家の元祖爆笑王や脚本家の三谷幸喜氏の名前がでると口ぎたなくののしる。また自分の芸を批判した構成作家と息子の弁護士に猛烈に反発。自分のラジオ番組で対決しようと呼びかけた。きらいなのかもしれないがノーベル賞候補者の村上春樹氏の新作を取りあげわざわざ批判した。最近は地方局のアナやパーソナリティを罵倒してる。彼の人柄、お笑いのため。こんな事情があるのだろうがついてゆけない。さてこんな人たちの中にふかく傷ついて、彼のテレビ、ラジオ、著作を渉猟し「太田さんは一見、勇敢な破壊者を気どってるが、その実は世間の権威に寄りそっていきてる、よわい人間だ」というストーリーをつくり新潮社に売りこんだのかもしれない。では結論である。

* 結論
いくら不正はなかったと否定しよとしても、なかったことの証明は悪魔の証明である。太田さんの心中をさっし私は安倍総理も大変だなとおもった。加計学園、理事長とお友だち、だから総理はお友だちに便宜をはかったといわれる。いくら否定してもまた疑惑を持ちだされる。これが陰謀だったら太田さんも同じような目にあうだろう。さて国民の皆さん、安倍さんの場合なら五十二年間、認可制のもとで申請すらみとめなかった政策がよかったのか。もっと議論すべきだった。お友だちだから依怙贔屓につながりそれだけに終止する。不毛な議論である。もっと政策論争をすべきだった。太田さんの場合はお笑いである。お父さんに不正があったのか、自分がよわい人間だったのかなどではない。今、世間をさわがしてる裏口入学をお笑いとしてどうあつかう。それをどう面白くするか。太田さんはかんがえればよい。そうおもいませんか。
nice!(0)  コメント(0) 

女は医者お断りか [バカにされないクスリ]


keno_katanamoti.gif


* はじめに
東京医大が文科省の局長の息子を不正入学させた。これを発端にあやしげな話しがもれてきた。この大学では入試に際して女子には一律減点するという扱いをしてた。女性の医師が将来、出産、育児で医療現場をはなれる。外科など力を必要とする分野にゆかない。勤務条件がきびしくない分野に集中し地方などでは深刻な医師不足となるなどの理由でやってたという。それ以外に何度も入試におちた人、ここでは三浪以上にも不利な扱いをしてた。世論がどのような反応をしめしたか。

* 世論の反応
まず、男女平等の観点からゆるしがたいというもの。即、廃止。だが今回は大勢となってないようだ。医師でありタレントでもある西川史子氏は外科などの苛酷な現場に女子があつまらない現状からこれを擁護する。経済評論家の渡邊哲也氏は面接をあわせて然るべき入試方法によれば今回のような問題はおきなかったろうという。単純な男女平等論にはふれなかった。だがもともと入試は公平なもの。そうしんじて現在も頑張ってる受験生の気持をかんがえれば釈然としない。こんな根強い意見をかんじる。ここではこの大学のOBの子弟に数人程度の枠をもうけてたともいう。このまま見すごすことのできない問題のようである。さて結論である。

* 結論
世論を無視した政治は民主主義の否定である。今回の問題はいかに合理性があるにせよ国民のしらないあいだに不正につながりかねない慣行がおこなわれてた。それはゆるしがたい。これがあるのだろう。だから国民の皆さん、こんな考えはどうですか。まず男女平等の原則にもとづき平等に入学許可する。これを十年つづけて、おそらく問題がでるだろう。状況を調査して男女比の調節などの措置をとる。これでどうですか。

ただこれを実行するとしても大切なことがある。この試行が大失敗にならない配慮が必要だ。そのため、まず

一 医師をふやす。医師不足の基本である。
二 医師の苛酷な業務を緩和するため、外国にくらべ医師に集中しすぎという権限を医療従事者に一部移譲するなどの措置をとる。

こうして医療現場が崩壊するような大失敗を予防し、医師と世論との折り合いをつける。こんな方法をかんがえてはどうですか。

nice!(1)  コメント(0)